加入している火災保険の会社がすぐにわかりますか?

スポンサーリンク

こちらのつづきです
>>「火災保険は家事の時に使う保険じゃないんですか?」

雹(ひょう)が降って家の周囲は吹き飛んだ枝や葉っぱでグチャグチャです。

毎日のように片付けてクタクタになっていたら通りかかった駐在さんが

「火災保険で修繕できるかも知れませんよ」

と教えてくれたので火災保険会社に電話してみました。

スポンサーリンク

火災保険会社の連絡先を確認しました

雪や雹(ひょう)の被害で壊れた雨樋(あまどい)や屋根外壁などを火災保険で直せるか火災保険会社に電話で聞いてみました。

海の日で祝日のできごとです

火災保険会社への事故連絡は365日24時間受け付けるらしいので祝日でも電話してみました。

この時、私はすぐに自分の家が加入している火災保険会社がわかったのですが、皆さんはいかがでしょうか。

実は保険会社の連絡先がすぐに分かったのは、雹の被害の前にたまたま地震保険に入る手続きをしていたからでした。

地震保険は現在加入中のものに追加する方法なので、火災保険の証書を確認していたのです。

その事がなければ保険会社の名前も忘れたままだったかも知れません。

とにかく保険会社の封筒にある連絡先に電話をしてみました。

スポンサーリンク

火災保険会社へ初めて電話をかけた時の会話

電話をしたら火災保険の窓口担当という感じの、若い感じの女性がすぐに出ました。

こういった電話がすぐにつながるって本当に助かります。

自動音声でグルグルまわって、最後は「只今込み合っています」の音声でつながらない会社もあります。

保険の加入では、最初の電話対応ってとても重要な確認事項だと感じました。

雹(ひょう)の被害にあったことを伝えると

「おけがはされませんでしたか?」
「ご家族みなさま大丈夫でしたか?」

と仕事柄非常に思いやりのある対応です。

「屋根と壁が傷ついて塗装が削れてしまいました。雨どいが壊れて雨がダダ漏れするんです。」と話し始めました。

先方は慣れていますから聞かれたことに答えていけば良いのです。

もしも言い忘れたことがあっても、この電話で請求内容が決定されるわけではなかったので大丈夫です。

「他の確認出来ていない所もあるかも知れません。」
そう言っておけば良いと思います。

 

電話の続きはこちらです
>> 他の火災保険への加入はありますか?  

 

火災保険請求の体験記をまとめています
>>「火災保険請求のコツ」一覧

リフォーム業者選びにお悩みの方はこちらをどうぞ
>>「リフォーム業者の賢い選び方」一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました