この際「火災保険」の補償内容をチェックすべき?




雹の被害にあって初めて「火災保険」の補償内容を知る

雹の被害にあって火災保険が火事の時だけのものでないって知りました。

うちの火災保険は、住宅購入時に売買契約に含まれていたもので、きちんと理解できていなかったんです。

火災保険料は住宅の売買契約の時に529,250円を一括して支払いました。

家の購入って「頭金と保証金」みたいな大ざっぱなくくりで契約を進めてしまい、こんなに大金を使っているのに他の火災保険との比較もしていません。

気をつけないと必要のない補償までセットになってしまっているケースや、リスクやニーズに最適化されていない場合もあるのですって!

災害が身に降り掛かってみると、本当にのんきだったなぁ〜と後悔しています。

こちらでリスクやニーズに合った最適な火災保険を探せます
↓ ↓ ↓
現状の契約と比較して節約!火災保険一括見積

一括見積もりで火災保険料が節約できる

今回は雹害にあってしまいましたが、うちのような密集地だともちろん火事もとても心配です!

団地住まいの姉は、水漏れが心配だから火災保険に入っていると言っていました。

住まいの状況で必要な火災保険の内容って違ってくるのです。

自分の住まいに合った火災保険が少しでもお得に加入出来ると助かりますよね。

檜の家

火災保険見積もり請求サイトでは、10社以上の火災保険から最適なプランを見つけることが可能です。

自力ではなかなか無理な事も、こういったサイトを利用すれば出来ちゃうんですね。
これからは賢く選んで節約していこうと思います。

こちらでリスクやニーズに合った最適な火災保険を探せます
↓ ↓ ↓
現状の契約と比較して節約!火災保険一括見積

つづきはこちらです
>>リフォーム業者の選び方~失敗した私からのアドバイス~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク