火災保険の鑑定人の鑑定にダメ出しはありでしょうか?




火災保険鑑定人の鑑定内容に納得がいかなかったので、 交渉して増額してもらったという体験談です。

モルタル部分の塗装が認められないのは困る!

見積もりを依頼したリフォーム業者のSさんは、モルタル部分の外壁塗装が認められなかったことに納得がいかず鑑定人に電話をしてくれました。

「パテ埋めで修繕するなんて無理です。
私がざっと数えただけでも300カ所もありますから、パテ作業の方が塗装より高くなっちゃいます。」

と鑑定人に電話で直接交渉してくれました。

その結果、なんと外壁の分も塗装費用が出る事になりました!

こういう交渉を業者さんがしてくれたのはとてもラッキーでした。

もともとは夫が間違い電話をかけて見積もり依頼したSさんですが
(今となっては絶対言えない話です!)
自分を呼んでくれた事に感動して、尽力してくれたのでした。

鑑定人の言う事が最終決定と思わずにあきらめないで、
もう1度相談してみると結果が違う場合もあるということですね。

スポンサーリンク

【この件について工事終了後に追記します】

リフォーム業者Sさんについては、当ブログ記事を最後までお読みいただけると分かるのですが、実際には問題の多い業者さんでした。

仕事をとるまでは最大の努力をしてくれたと思っているのですが、肝心のリフォームや支払いに関してはトラブル続きだったのです。

火災保険金を受給するまでの熱意が、善意によるものかどうかも今となっては分かりません。

うちはリフォーム業者選びに失敗してしまったのです。

この後、散々な目にあいました。

リフォーム業者は自分で直接頼むのは危険です!
紹介業者を挟んだ【一括見積もりサイト】から頼むのが良いですよ。

失敗から色々学んだ管理人がおすすめする業者選びをこちらに書いています。
よろしかったらご活用ください。
 ↓ ↓ ↓
ランキングへ(ボタン)

つぎの記事はこちらです
>>「火災保険会社に出した最終請求金額はいくら?」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク