火災保険の支払い額について鑑定人に聞いてみました




火災保険の振り込まれた金額のうち分けが知りたいです。

火災保険の振り込まれた金額のうち分けについて、少し勇気を出して鑑定人さんに電話で聞いてみました。

鑑定人さんはとても親切に教えてくださいました!

スポンサーリンク

我が家の火災保険は時価を基準にした契約でした

まず説明されたのは、我が家の時価の計算理由です。

鑑定人「メメコさんの家の火災保険は時価を基準とした契約になっています。
評価額が年に1.5%ずつ減っていって、これを15年で計算すると原価が77.5%になりました。」

メメコ「85%にアップしたのはなぜですか?」

鑑定人「家の手入れが良かった事や被害の度合いを考慮しました。」

(全国ネットでニュース流れましたし、屋根外壁も6年前に塗装しました)

鑑定人「他にフェンスの破損がありましたのでそちらを30000円で付けさせていただきました。」

(え?これ知りませんでした〜!もう部品が見つからず直しようがないので請求は諦めていました)

鑑定人「あとはエアコンフィルターの廃棄費用として、2592円はマイナスさせてもらいました。」

廃棄費用は損害保険金が出ません。
これを補うのが費用保険金ということです。

スポンサーリンク

火災保険会社にはリフォームの基準価格があるそうです

火災保険会社には住宅をリフォームする際の細かい基準価格が設定されているそうです。

例えばメチャクチャ高額な見積もりを出して、それの77.5%下さい!と言っても見積もりと基準額に開きがありすぎたら認められないって事なんです。

なるほど。

私、実はSさんがもっと高い見積もりを書いてくれれば 良いのにな〜、などと少し腹黒くなっていたんですよ。

残念ながらこの基準額は教えてもらえませんでした。(>ω<)

ところで保険金をいただきホッとしたらとんでもない事がおこりました。

次の記事もよろしかったらどうぞ
>>「家にネズミが出た!どこから入った!?」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク