リフォーム詐欺が多いらしく銀行の引き落としが面倒なことになっている




リフォームの着工日を迎え、55万円の支払いがあります。
嫌だとも言っていられないので近所のゆうちょ銀行へ引き落としに行きました。

リフォーム業者のSさんが来るので現金で渡す予定です。

こちらのつづきになります
>>着工日が遅れています(契約後の流れをメモ)

50万以上の貯金を引き出すのが大変!

ATMで50万以上引き落とせる設定にしておらず、印鑑と通帳を持って行きましたが何だかすごく大変でした。

自分の貯金なのに!

通帳

何に使うのか聞かれて
「住宅リフォームです」と答えると
そのような詐欺が多いらしく、質問攻めにあいました。

ふだん顔なじみの銀行員さんなのに厳しかったです。

「現金で渡すのですか?」
「請求書をお持ちですか?」

私の本人確認のために、免許証を出したりしてさっさと帰りたいのに面倒なことです。

ずっと前から知っている大工さんだから大丈夫(かどうか、もはや判りませんが・・・)と言っても

「代わりに来ました、という人には渡さないでくださいね!」
と最後の最後まで念を押されてしまいました。

素直に返事をしていましたが本当は腹立たしい。
物騒なことがあるので仕方ないのでしょうか。

スポンサーリンク

リフォーム会社の請求書や契約書が必要な銀行もある

銀行により窓口での引き落としや振り込みには
「リフォーム会社の請求書や契約書」
「ご自身の本人確認できるもの」が必要とのことです。

振込の限度額を上げてATMで出来れば一番手間がないのでしょうね。

こんなに大変とは思わなかったです。

しかもリフォームはトラブルばかりで、業者選びの失敗が大きいです。

リフォーム業者は自分で選ぶより一括見積もりサイトが良いですよ。

厳しい登録審査をうけた業者なので安心です。

私が調べたおすすめ無料相談サイトをまとめています。
よろしかったらご活用ください。
 ↓ ↓ ↓
ランキングへ(ボタン)

つづきはこちらです
>>「着工日です!到着遅い・休憩長い・植木鉢を割る」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク