リフォームの支払いは後払いが良いけれど現実はどんなもんでしょう?




リフォームの支払いの方法は見積もり時に確認すること!

リフォームの支払いについては契約時ではなく、見積もりの段階で確認しておくことが大事です!

うちの場合は大失敗!
リフォームの支払い方法はなるべく早い段階でご確認なさってくださいね。

スポンサーリンク

リフォームの支払いは後払いが一番良い

リフォームの支払いは後払いが理想的ですよね。
支払いした後で、依頼した業者が倒産して工事が出来ない・・・なんてこともあるようですから、要注意です。

実は私、胃が痛くなりそうです。

このようなブログの管理人やってけるのかな。
もうダメだ〜とへたりこみそうです。

なぜかというと・・・どうぞ続けてお読みくださいませ。

実際のところ支払い方法って、 どんなやり方がスタンダードなんでしょうか?

過去のリフォームの書類や見積もりなども確認してみました。
それぞれの支払い方法はこうなっていました。

・屋根外壁塗装     760,000円 工事完了後7日以内

・シロアリ駆除ほか   205,000円 工事完了後7日以内

・屋根外壁塗装     950,826円 着工時50%、完工時50%

・屋根上葺き外壁塗装 1,755,000円 完工時100%

・雨漏り他外壁塗装  1,587,000円 契約時30%、着工時35%、完工時35%

これを見ますと特に決まりはないみたいで業者の都合によりさまざまです。
やはり大きい業者ほど後払い形式になっているようです。

最後の行の契約時30%、着工時35%、完工時35%ですが
3回に分けてるのって資金繰りが大変なのかしら・・・と不安になります。

これが実は今回頼んだSさんのところです。

なぜそこに頼んだんだーっ!て感じですよね。

本当に一括見積もりの業者さんにすれば良かったです!
 ↓ ↓ ↓
【外壁塗装の駆け込み寺】無料相談はこちら

無料相談した体験を書いています
>>「外壁塗装の駆け込み寺」体験記

支払い方法の確認をしたのが、遅かった

遅かったんですよ〜、支払い方法の確認をするのが!

私、今回の支払い方法の件で少し元気をなくしています。

最初は契約時に支払いの40%を要求されました。
それで着工時に35%払えって内容です。

そうしたら着工時までに75%支払うことになるじゃないですか。

私は契約時は20%って言ったのよ。それで歩み寄って30%になりました。

夫なんか、ぜんぜん何も言ってくれません。
うちはいつもそのパターンです。

保険の請求から携わってもらった分 Sさんに足もと見られてる気がしてきたのです。
気持ちのよいリフォームってなかなか難しいことですね。

リフォームの第1歩は見積もりと業者選びと実感しています。

業者選びはこちらを是非参考になさってください。

色々なリフォームをカバーできる業者が揃っていて無料で相談できます。
 ↓ ↓ ↓
ランキングへ(ボタン)

うちが頼んだ所もきちんと支払いの説明までしてくれました。
 ↓ ↓ ↓
【外壁塗装の駆け込み寺】無料相談はこちら

つづきはこちらです
>>「リフォーム契約金57万支払いましたが詐欺なのかという不安におちる!」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク